【実例】海まで徒歩3分! 太陽光パネルなどZEH仕様でエコな注文住宅が完成

奥さんの妊娠を機に、注文住宅を建てることにしたMさん夫婦。サーフィンが趣味のご主人は、サーフボードが置けるスペースやサーフィン用のシャワーを希望。家全体は奥さんの好みを重視したシンプルシックなデザインに。湘南エリアでの土地探しは難航したそうだ。

目次

 

理想の暮らしを叶える家づくりは住まいの窓口から

ブラックのアイアンの階段はこだわりの一つ。スタンダードな階段よりも価格は上がるそう

以前は、海まで自転車で15分の場所に住んでいたが、少し遠いと感じていたご主人。奥さんもビーチバレーをやっていて今後はサーフィンにもチャレンジしていきたいということもあり、もっと海に近い場所に住みたいと考えていた。
奥さんが妊娠した際に、「今の家だと部屋数が足りないよね」と海に近い土地に注文住宅を建てることに決めた。

ご主人は2度目の注文住宅だったが、予算や要望に合うハウスメーカーを改めて探したい、奥さんは家づくりが初めてのため一から教えてくれるところはないかと、LIFULL HOME'S 住まいの窓口(以下、住まいの窓口)のようなハウスメーカーの知識が豊富で、希望に応じてハウスメーカーを提案してくれるところをWEBで探していたのだそう。そうして、情報収集を開始して間もなく住まいの窓口を利用したのだった。

 

Mさん夫婦ならではのハウスメーカーに求める条件

リビングは折り上げ天井に照明を入れることで、ワンランクアップした雰囲気を演出

住まいの窓口では、だいたいの予算と希望の場所を伝えて、ハウスメーカーを探してもらった。家づくりの流れや費用の説明を受けられたことで奥さんの知識も深まり、二人で歩幅を合わせて進めていくことができた。

「最初は、ハウスメーカーよりも、場所ありきで考えたいと思っていたので、土地探しもできて、売却、住み替えをまとめて対応してもらえる会社がいいなと考えていました。以前住んでいた家の売却をする必要があったので、それぞれ別の会社だと大変かなと思って」とご主人。

そういった要望も伝えて、ハウジングアドバイザー(以下、アドバイザー)と相談しながら合いそうなハウスメーカーを4社まで絞り、その4社すべてにアポイントを取ってもらい、一気に訪問することになった。

住まいの窓口で紹介された4社を訪問したMさん夫婦。条件に合いそうなハウスメーカーを選んでいたおかげで、あまり迷うことなく、2社まで絞ることができたそうだ。

最初は土地ありきで考えていたハウスメーカー選びだったが、土地を探してもらえることに加え、自分たちの要望が叶いそうな完全自由設計で、デザインもより好みだった1社で進めていくことができた。

「職人の腕のよさが書かれた口コミを見たり、職人がホームページでも紹介されていたり、実際に建てる人の顔が見えて安心しましたし、そもそもデザインがかっこよくていいなと思いました。
実際に建てた方の家を見学できたことで、家のイメージもつきましたし、価格も高すぎず安すぎず、ちゃんとした家が建つという印象でした」とご主人。

リビングと玄関の間に扉をつけないことでより広々とした空間になった

 

約1年かかった湘南エリアでの土地探し

カップボードは、壁付けを採用したことで、すっきりとした印象に

住んでいた自宅の売却を進めていたり、同じエリアの一戸建てにすでに住んでいたりしたこともあって、Mさん夫婦はそこまで土地が見つからないことに焦ってはいなかったが、湘南エリアで家を建てるときは土地探しが難航する可能性があることを覚悟しておいたほうがよいかもしれない。
取材時も近隣の住宅の外観から、サーフィンが趣味だったり(住宅の外にシャワーが付いていた)、リゾートが好きだったりする人が多く集まっている印象を受けた。

時間がかかっていた土地探しだったが、住まいの窓口から紹介があった1社より、一般公開前の土地が見つかったと連絡が入り、見学に行くことになった。
もともとアパートが立っていた土地で、3区画あり、最初に連絡をもらったMさん夫婦は好きな場所を選ぶことができた(取材時には他の区画も売れていて注文住宅が立っていた)。

こうして無事に要望に合う土地が見つかり、ようやくハウスメーカーと契約に進むことができた。

キッチン横のニッチは、お知らせやチラシを貼れるようにと、マグネット対応の壁になっていて便利そう

 

子育てとサーフィン、ZEH仕様も叶える家づくり

注文住宅は、土地の形、向きに合わせて間取りを決めていくため、土地が決まった後に本格的に家づくりがスタートした。
奥さんがSNSで情報収集をして叶えたいイメージがついていたことや、ご主人が2度目の注文住宅だったため勝手がわかっていたこともあり「家づくりが大変だった」と思ったことはなかったそうだが、売却の対応や結婚式、出産など他のイベントもあったため、並行して進めていくのが大変だったという。

ただ、妥協せずにこだわった結果、間取りは5回ほど変更したそう。注文住宅の醍醐味を存分に味わっていた。

<Mさん夫婦のこだわりのポイント>

・サーフボードが入る間取り
玄関に土間をつくりロングボードが3台収納できるようにした。

 

・外構にサーフィン用のシャワーと洗い場を設置
サーフボードが扱いやすいようにシャワー側のスペースを広くとるように家を片方に寄せて配置した。

 

・1階のリビング
子どもの様子がいつも見られるようにとリビング全体を見渡せるキッチン。内装のカラーは、SNSを参考にグレー、黒、ウッドのみで統一した。スケルトンのアイアンフレームの階段も絶対に採用したかったものの一つ。

 

・ZEH住宅
高断熱・高気密でエコなZEH住宅は、導入金額が想定よりも安く、ハウスメーカーの売りでもあり、長く快適に暮らせるのであればと採用した。ZEH住宅の補助金も申請してお得に導入することができた。グリーン住宅ポイントを利用して換気・通風機能付きドアを設置。

 

・太陽光パネルの設置
オール電化にしてなるべく自家発電で節電し、余った分は売電をしようと考えていた。実際に住んだ後は節電・売電ができているのだそう。

 

希望価格で売却も成功。海まで3分の注文住宅が完成

売却の進捗はというと、売却益を頭金にして契約をするのが目標だったが、売れたのは新しい家に住み始めて3ヶ月たった頃だったため、住宅ローンをダブルで組む形になった。
ただ、売却金額を落とさずに辛抱強く待ったおかげで、売却したい金額で売ることができたそう。また、土地探しに時間を要したことで、返済が重なる時期も短くなったため結果的によかったとのことだった。

奥さんは家が完成し実際に住んでみて、前回の注文住宅で直したかったところを改善できたことと、自分好みにできたことで、とても快適だという。
「以前の家と、新しい家でそれぞれ妊娠期間を過ごしているので、やっぱり1階にリビングがあるのは快適だなと思いました。それと主人がサーフィンがすごく好きなので、海まで行きやすくなって、毎日うれしそうだなと思います」と奥さん。

「2階のリビングはとても暖かかったので、1階リビングは玄関と繋がっていますし冷えるのかなって心配していましたが、そんなこともなく、トイレが寒いなんてこともなかったです。高気密高断熱が影響していると感じて、質を上げることは大事だなと思いました」
ZEH住宅でかつ、太陽光パネルを設置していることで、光熱費は安くなっているそう。取材時も家の中が暖かいと感じた。
ご主人も、うれしそうに話す奥さんを見て、安心している様子だった。

海まで歩いて3分。自転車だとすぐの距離で、趣味を楽しめる住まいを手に入れたMさん夫婦。2人目のお子さんの誕生も控えていて、これからの生活が一段と楽しくなりそうだ。

洗面台と洗濯機の間に壁があることで、生活感をあまり感じさせない

照明、デザインにこだわったトイレ。壁全面をシックな色にすることで落ち着いたデザインに

2階の寝室の様子

高い位置に窓を設置したことで明るいリビングが完成

 

■住まいの情報
延床面積:約100m2
土地面積:約100m2
建築費:2,000万~2,999万円
間取り:4LDK
世帯構成:夫(30歳)、妻(30歳)、長男(1歳)

■住まいの窓口で受けたサービス
住まいの窓口店舗:藤沢店
紹介された会社数:4社
受けたサービス:個別相談

相談方法

ご相談内容によって相談方法が異なります。
ハウジングアドバイザーが店舗、電話でそれぞれ相談をお待ちしております。

ご予約で不明な点があればお気軽にお電話ください。専門のスタッフがサポートいたします。
0120-975-534(土日祝OK・10時~19時 
※都合により休業となる場合があります